2016年7月6日水曜日

507SHの開発「通常の3倍大変だった」

Y!mobileから「Android One」507SH が発表されましたが

507SHでは、ワイモバイルブランドを運営するソフトバンク側が、グーグル側にAndroid One端末の開発を持ちかけました。

開発メーカーは、Android端末でソフトバンクとパートナーシップを結ぶシャープに選定。開発の声かけは去年の秋頃に実施しました。それが今年7月下旬に発売決定と、新端末としてはかなりスピーディーに開発が完了したように思えますが、それはau向けのシャープ製スマートフォン AQUOS Uをベースにしているため。外観やスペックはほぼ同一となっています。

507SHの開発企画に携わったシャープの遠藤裕二氏は、Android Oneの開発について「通常のAQUOSスマホより3倍大変だった」と振り返ります。開発当初は、そもそもAndroid Oneが何かを把握しておらず、どんな機能を載せられるのか、といった点で大変苦労したそうです。

なお507SHの開発に際し、シャープ・グーグル・ソフトバンクの3社が協議を重ねました。そこでは、Nexusに比べたAndroid Oneの特徴の1つ「ローカルフィット」、つまり日本に適合する機能や特色をどう打ち出すかも検討したそうです。

遠藤氏によれば、Android Oneにはプリインストールアプリに大きな制限はありません。重要なのは迅速なOS更新に対応できるかできないか。3社での検討時には、次期OSのAndroid Nougat(Android N)の次となる「Android O」までをも見据え、迅速なOSバージョンアップと両立できるローカルフィットの検討を重ねたといいます。

▲Android純正以外のアプリは4つのみ

この日本向けのローカルフィットを満たすため、シャープは防水に加えて、迅速なOS更新を担保しつつ、ワンセグを『苦労して』実装。なお、FeliCaについては、どうしてもOSの迅速更新の支障になることから、導入は断念したとしています。また開発の初期には「エモパー」の搭載も話に上がったといいますが、結局は非搭載となりました。

Android Oも見据えるシャープのAndroid Oneスマホ「507SH」開発秘話。『3倍大変だった』 - Engadget Japanese
私はシャープの信者でもアンチでもないのですが
『3倍大変だった』という開発秘話は言わない方が良かったのではないかと
メーカーカスタマイズがほとんど無いのに、3倍の苦労とは?

au向けのAQUOS Uをベースにしているそうですが、こちらには当然アップデートはないんでしょうねぇ

F(uriouz)

ホストにスカウトされるくらいにはイケメン

0 コメント:

コメントを投稿

 

Copyright @ 2013-2017 F(uriouz).

Designed by Templateism | MyBloggerLab | Modified by F(uriouz)