2018年11月10日土曜日

ワイモバイル、通信料金を来年度前半に1~2割値下げする方針

 ソフトバンクグループは5日、携帯電話の割安ブランド「ワイモバイル」の通信料金を来年度前半に1~2割値下げする方針を明らかにした。

 携帯料金をめぐっては、菅義偉官房長官が8月、「4割程度下げる余地がある」と値下げを求めた。最大手のNTTドコモは10月末、通信料金を来年度から2~4割ほど、総額で最大年4千億円規模の値下げをすると発表しており、大手が相次いで値下げを迫られた。KDDI(au)は当面の大幅な値引きには慎重な姿勢を示している。

 ワイモバイルの契約数は非公表だが、数百万件にのぼるとみられる。来年度始める新プランでは、端末代の値引きを控える代わりに通信料を下げる。すでに月々の通信料が2千円を切るプランがあるが、さらに安くなる見通しだ。一方で端末代の実質価格は今より高くなるため、高額な端末を頻繁に買い替える場合は、通信料も含めた毎月の負担額が増える可能性もある。

 「ソフトバンク」ブランドで値…

ワイモバイル、1~2割値下げへ 来年度前半に:朝日新聞デジタル (2018年11月5日20時39分)
日経ソースだったかと思ってたら朝日だった

新プランというのがアレなので
既存プランは下がらないのかも

F(uriouz)

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

0 コメント:

コメントを投稿

 

Copyright @ 2013 - 2019 FPS(Furiouz Personal Side).

Designed by Templateism | MyBloggerLab | Modified by F(uriouz)